「Lips & Tips meets ピクピクン」エピソード

「PIKU2N × Lips & Tips」 に至った、ピクピクンとの出会い……。

それは昨年発売されたシルバーアクセ誌の取材だった。

雑誌ライターでもあるわたくしリップス大橋。
Twitter やブログを見て衝撃を受けた刺激人、ピクピクン。

なんじゃ! この妄想力 鬼パーセントのド変態はっ!

この男にはリップスの Climax モデル なアクセたちが似合いすぎるハズ!
リップスの存在を彼に伝えなければ! との意味不明な使命感にかられ
自分が担当しているシルバーアクセ誌のスタイリングページにて取材を打診したワケです。


そして取材日。

撮影時には「脱いでいいか」だの「タンポンぺろぺろしていいか」だの、
なんとも期待通りの変態っぷりだったワケですが……。笑

撮影中のひとコマがコチラ。
わたくしリップスモードなら「はい喜んで〜!」なんですが、
とりあえずこの日はライターモードだったワケで
「シルバーアクセ誌なので…」と、タンポンは丁重にお断りさせて頂き、
なくなくポケットに忍ばせてチラアピールということで納得して頂きました。笑

ちなみにスタジオにて、
満を持してリップス的 Climax なアイテムたちをドヤ顔でお披露目したワケですが。
その時の反応ときたら!!笑

誌面でも書かせて頂いております。


いや〜嬉しかったです。やはり共鳴できたエロティシズム。
リップスのコンセプト原点である「エロティシズム」

取材後そのまま飲みに繰り出し、ネッチョリとコラボアクセトークへと……。
てかデザインネタ出しの時の会話ときたら……。
とてもじゃないけど、アクセのデザインミーティングとは……。
「P〜〜っ♫』 なワードが飛び交いまくってたことは言うまでもありません。笑

そんなこんなで。


全開どストレートなエロリスト「ピクピクン」
         VS
むっつり秘めたるエロティシズム「リップス」


彼の爆走妄想を受け入れつつ、いかにリップス的むっつりスタイルに封じ込めるか。
そこが楽しくもあり難しくもあり、デザインを進めていったワケで。

デザイン画の段階では、かなりのバリエーションになりました。
中には、こんなん販売したら、なんちゃら法違反とかで捕まんじゃねーのか? 
なんてのも。笑

なんちゃらのオモチャじゃねーんだから、コレはアカン! と。笑

リップス的イマジネーションのバイブルなんかも、久々に引っぱり出したりね。


そんなこんなで仕上がったコラボアクセサリー。

「全開どストレート」も「超絶むっつり」も納得、ペンダントとリングの2デザイン!

タンポンをぺろぺろするタン(Tongue)

「Pussy」「PIKU2N」「放送禁止用語音」の『P』を唇のプロポーションに吹き込んだ


デザインの随所から、そんなエピソードも感じてもらえたら幸いです。


ときに言葉よりも雄弁に、そしてさり気なくメッセージを伝えられるアクセサリー。
お下のトークネタに事欠かない、Climax ハードコアなアクセはいかが?
オシャレを楽しむだけのアクセサリーでなく、
オトナの遊び心の付属品としてもアクセサリーを!

あなたさまの秘めたるエロティシズムを代弁するラブジュエリー。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あとがき

や〜っとリリース出来ました「PIKU2N × Lips & Tips」
昨年末にはデザインもフィックスし、アイテムも仕上がっていたので
早く発射したくて我慢汁ダクでした。笑



ちなみに。
ご存知のピクラーさまもいらっしゃるかもしれませんが、
取材きっかけで彼にツボって頂いた ファッキンリップとアナリップは、
その後かなりヘビロテでハメて頂いており嬉しい限りです。





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

TIME

.

PROFILE

SEARCH IN BLOG

LINKS

TWITTER

FACEBOOK PAGE

CATEGORIES

RECENT COMMENT

instagram

NEW ENTRIES

MOBILE

qrcode

ARCHIVES

OTHERS

POWERED BY JUGEM

無料ブログ作成サービス JUGEM